ヨーグルトでダイエットはこんなにスゴイ効果があった

毎日続けられる手軽なダイエットはないでしょうか。ヨーグルトには乳酸菌をはじめとするたくさんの栄養素が詰まっています。実はダイエットと腸内環境はとても重要な関係があります。

ヨーグルトは腸内環境を整える重要な役割を担ってくれることからぜひ効果的に取り入れてみてはいかがでしょうか。

ヨーグルトダイエットの方法

普段、冷蔵庫で冷やしたヨーグルト健康のために毎日食べるという人は多いと思いますが、ヨーグルトはダイエットに効果的です。ヨーグルトダイエットの方法は一つではありません。

例えばヨーグルトに含まれる乳酸菌が活発に活動することが出来る効果があるホットヨーグルトであったり、ヨーグルトを使った断食であったり、朝・昼・間食・夕と食べるタイミングを調節したダイエットであったり色々です。なので自分に合った方法で、自分に合ったヨーグルトを使ってダイエットを行うのがおススメです。

ただ、ヨーグルトがダイエットに向いているからと言って、食べ過ぎはかえって太ってしまうこともあるので、適量を毎日続けて摂取することが効果的なのが、どのヨーグルトダイエットにも言えることです。

ヨーグルトダイエットにはこんなメリットが

ヨーグルトには、カルシウムと乳酸菌が豊富に含まれています。カルシウムには脂肪の分解を促進する効果がありますし、乳酸菌は腸内環境を整えてくれます。腸内環境を整うことで、便秘が解消されますし、乳酸菌が増えることで代謝があがり痩せやすくなります。

また老廃物を除去して美肌へのつながるので、ダイエットをしながら健康的に綺麗になることができます。どうしても食事制限をする際には、食べないことで栄養が偏ってしまったり、一時的に体重は減っても肌がカサカサしてしまったりします。

でもヨーグルトダイエットはそれを補うだけの栄養素も含まれていますし、健康だけでなく美肌やダイエット効果まであるわけですから、健康的にダイエットをすることができます。

ダイエットに効果的なヨーグルトを食べる時間帯

ヨーグルトダイエットの手軽な方法として、ヨーグルトを食べる時間帯を決めるとよいでしょう。どのタイミングで食べてもそれぞれ効果が得られますが、自分がどのタイミングで食べたら続けやすいかに重点を起きて決めるのがおすすめです。

空腹時に摂取すると、カルシウムを効果的に摂取することができますし、食後に摂取すると乳酸菌を効果的に摂取することができます。というのも、空腹状態だと食べ物を入れると胃酸が活発になって胃酸で乳酸菌が死んでしまいます。なので食後の方が乳酸菌にとっていいのです。

朝食自体にヨーグルトを置き換えることで、整腸作用があり便秘を抑えることができますが、朝食前に白湯を飲むと胃酸の分泌過多を防ぐことができますし、乳酸菌が良く働きます。

おやつを食べてしまう人は、間食にヨーグルトを食べることがおススメですし、腸の働きは夜の10時から深夜2時にかけてが活発に動くため、その時間帯に合わせて夜食や夕食後に食べるのいいでしょう。

ヨーグルトはどんなものを選べばいいの?カロリーは大丈夫?

いくらダイエット効果があるからと言っても、ヨーグルトを食べ過ぎてしまっては本末転倒です。また、ヨーグルトに含まれる乳酸菌の種類によっても、効果は違ってくるので、ダイエットの効果をより高めたいのであれば、ヨーグルトの種類にも気を遣うことがおすすめです。

乳酸菌はなかなか生きて腸まで届くものがないのですが、乳酸菌の中には生きて腸まで届くものもありますので、そういった菌が含まれているヨーグルトを選択するといいでしょう。ヤクルト菌やビフィズス菌、クレモリス菌、LG21などが挙げられます。

そして、ヨーグルトは栄養価が高い一方で、カロリーもそれなりにあるので摂取しずぎには気を付けましょう。プレーンヨーグルトだと100グラムあたり120キロカロリーはあるので、そこを計算しながら摂取しましょう。

1回どのくらいの量ヨーグルトを食べると良いの?

食後にヨーグルトを食べるのであれば、食事の分のカロリーも考慮して考えなければなりません。一回につきどのくらいの量のヨーグルトを食べたら効果が実感できるのか気になるところですが腸内環境を整えるためには、一日200グラムから300グラムが適量です。

ヨーグルトを一食食事に置き換えるのであれば、1回につき200から300グラム、3回に分けるのであれば1回につき100グラム程度など、自分に合った量を見つけて食べるといいでえしょう。ただ、お腹が満たされる量が200グラムから300グラムくらいですがカロリーや脂肪分を考えてもこの量が適量と思われます。

ボリュームを増やしたい場合には、バナナやリンゴ、イチゴなど好みのフルーツをプラスすると満腹感がアップします。甘さをプラスしたい場合にはオリゴ糖がおススメです。お通じよくする効果がアップします。

1日に何回ヨーグルトを食べるといい?

一日に何回ヨーグルトを食べるといいかについてですが、これも自分の食べやすさ、続けやすさに合ったものにするといいです。忘れずに一日一回だけ食べたいという人は、食事を1食ヨーグルトに置き換えるか、食後に1回食べるか、おやつに食べるかするといいでしょう。

毎食デザート代わりに食べた人は1日3回食後に適量のヨーグルトを摂取するといいでしょう。コンスタントに乳酸菌を補充することができるので、腸内環境も整いやすいです。

お昼は職場だからきちんと欠かさず食べる自信がない場合には、朝と夕の2回でもいいですし、とにかく自分に合った食べ方のスタイルを見つけて毎日一定量を摂取するのがおすすめです。続けることで腸内環境は整っていきます。

ホットヨーグルトの効果

ヨーグルトは冷たくして食べる食べ物だという人が多いかと思いますが、実はホットヨーグルトがお勧めです。冷蔵庫で冷やした冷たいヨーグルトは、内臓が冷やさせるため胃腸の働きが鈍くなります。

なのでせっかくのヨーグルトに含まれる有効成分も吸収率が下がってしまうため効果を発揮できません。そこで、ヨーグルトにはちみつと少量の水を加えて電子レンジで温めるだけのホットヨーグルトを摂取すると、腸を冷やさず乳酸菌の働きを活発にすることができます。

またカルシウムなどの有効成分の吸収もよくなります。ただ、電子レンジでの加熱のし過ぎは乳酸菌が死んでしまうので注意が必要です。

乳酸菌自体が30度後半から40度くらいで活発に活動するので、ホットヨーグルトは効率的に乳酸菌の働きを助けてくれます。また、腸内環境を整る他にもデトックス効果を得られること、安眠効果なども挙げられます。

プチ断食はヨーグルトを食べてカラダをリセット

ヨーグルトをプチ断食に利用するのもお勧めです。断食まではできないけれど、いつも食べ過ぎてしまったりして疲れた胃腸を休めるプチ断食をしたいという場合には、食事をヨーグルトに置き換えるといいでしょう。ヨーグルトをつかったプチ断食は、自律神経の乱れを改善することができます。

一か月に一度週末の2日間の特定の日だけ行うことで、手軽にすることができますし、自律神経の乱れを改善することで、脂肪燃焼や満腹感、デトックスのコントロールがしっかり出来るようになります。

ヨーグルトは消化が良い上に、食感があることから食べた感が味わえるため、プチ断食にぴったりな食材と言えるのです。一日目と二日目のお昼までの食事はヨーグルトと豆乳もしくは野菜ジュース、2日目の夕食をおかゆなど消化のいいものにするという方法で手軽に身体をリセットすることができます。

おススメのヨーグルトレシピ

ヨーグルトはそのまま食べることが多いかと思いますが、そのまま食べるにしてもフルーツや蜂蜜・オリゴ糖、黄な粉などをトッピングすると栄養バランスも整いますし、美味しく続けることができます。また、ホットヨーグルトは効果的にヨーグルトの有効成分を体内に取り込むことができるのでおすすめです。

そのほかにも8時間以上キッチンペーパーを敷いたざるの上に置いて水切りしたヨーグルトは濃厚で野菜や果物とも良くあいます。野菜に水切りヨーグルトを載せると即席のサラダになりますが、ドレッシング替わりなのでクリーミーで濃い味のチーズサラダの出来上がりです。

食感もアップするのでボリューム感もアップします。また、ヨーグルトを使ったスープも身体が温まったおすすめです。

エステに通いながらヨーグルトダイエットがおすすめ

ヨーグルトダイエットを効果的にするには、エステを利用するのも一つの方法です。エステサロンではダイエットのためにリンパの流れを良くしたり、デトックス効果がより高くなるためです。

逆に、ヨーグルトダイエットをすることで腸内環境が整うため、エステサロンで受けた施術により老廃物をリンパにのせて流されてきたものを、しっかり排出させる効果が期待できます。なのでエステに通いながらヨーグルトダイエットをすると、効果的にダイエットをすることができます。

また、ヨーグルトに含まれる乳酸菌により、基礎代謝ががアップします。なのでエステでマッサージを受けることにより、部分痩せをするのにもぴったりです。美味しく健康にも美容にもダイエットにも効果があるヨーグルトなので、ぜひエステに通いながらもっと綺麗になってみてはいかがでしょうか。