ダイエット中でもお酒がやめられない方へ!太りにくいおススメのおつまみについて

たとえダイエット中でもお酒を飲みたいという人は多いのではないでしょうか。しかし、一方でカロリーが気になるという人も多いです。ですが、お酒を飲む際のおつまみを工夫することで、たとえダイエット中でも安心してお酒を飲むことが可能です。

ダイエット中だからといっておつまみ無しのお酒は危険

おつまみは太る要因だからといって、お酒を飲む際におつまみを一切食べないことは実は体にとって良くありません。というのも、空腹の状態でお酒を飲むことでいつも以上にアルコールを吸収しやすくなってしまいます。

そうなると当然酔いやすくなり、その状態が気持ちよいと感じる人も中にはいるかもしれませんが、アルコールの吸収速度が速まるということは肝臓に多大な負担をかけてしまうのです。

空腹状態のアルコールは胃に大きな負担

また、空腹状態の胃に直接アルコールを流し込むことになるため、胃にも大きな負担がかかります。アルコールの処理速度には個人差がありますが、空腹の状態で飲むことは二日酔いにも繋がりやすく、このように体の各部位に大きな負担をかけることになるため、やめておいたほうが無難です。

太りにくいおつまみを選べばお酒もOK

一言におつまみといってもさまざまな種類があります。その中でも特にお酒が進むものは味付けが濃いものや、がっつりとした揚げ物などではないでしょうか。しかし、通常の食事をした後にこのようなカロリーの高いものを食べつつお酒を飲むと、カロリーの過剰摂取となり、当然ながら太ります。

また、ピザやお好み焼きなどの炭水化物にも要注意です。ダイエット中の人はすでに知っているかもしれませんが、炭水化物の過剰摂取はお酒抜きでも肥満に繋がります。

また、これらはとても美味しい食べ物ですが、こういった濃い味付けのものを食べると喉が渇くため、お酒の量が増えることにも繋がります。そのため、ダイエット中にお酒を飲む際には太りにくいおつまみを選ぶことが大切です。

食物繊維の多い食品を選んで食べよう

ダイエット中に悩まされることが多いものが便秘です。ダイエット中は食事制限を行う場合が多く、食事の量自体が減るため、結果として便の量が減少してしまったり、また水分をあまり取らないことで便が硬くなり、なかなか排出できないことにも繋がります。

しかし、便秘になると体全体の代謝が悪くなるため、ダイエットの効率も落ちてしまいます。また、見た目的にもお腹が出てしまうこともあるかもしれません。そんなダイエットの天敵ともいえる便秘ですが、解消のためには食物繊維が多く含まれた食品を食べることが効果的です。

食物繊維が含まれた食品にはさまざまなものがあり、普段の食事から積極的に食べることがおすすめですが、お酒を飲む際にも食物繊維が豊富な食材を使用しておつまみを作ってみることもおすすめです。

カロリーの低いおつまみとは

カロリーの低いおつまみとしてまず代表的なのが野菜スティックです。野菜スティックはカロリーが低いだけでなく、野菜自体にさまざまな栄養素が含まれているため、ダイエット中の人だけでなく、健康が気になる人にもおすすめです。

さらに必然的によく噛むことになるため、少しの量でも満腹感が生まれ食べすぎと飲みすぎ防止の効果も期待できます。しかし、マヨネーズなどをたくさんつけすぎたりしないように、注意が必要です。

みんなに人気の枝豆はおつまみに最適

また、お酒によく合うことで知られている枝豆ですが、枝豆は実はカロリーの低い食品です。塩をかけすぎて塩分過多にならないようにする必要はありますが、少しずつ食べることで枝豆も満腹感が得られるためおすすめです。

良質な脂質の含まれている素焼きアーモンドもおすすめ

良質な脂質が含まれているおすすめのおつまみとして、まずアーモンドが挙げられます。すでにお酒のおつまみとしてアーモンドを食べている人もいるかもしれませんが、ダイエット中の場合、味付けがされたものは避けたほうが良いです。

特におつまみとして売られているものの大半は味付けがされています。ダイエット中に適しているのは味付けがされていない素焼きのアーモンドで、一日に食べる量としては一握り分ほどが良いです。

コンビニでも買える太らないおつまみはある?

ふと思い立ったときに行くことができるコンビニですが、そんなコンビニにも低カロリーなおつまみはたくさん販売されています。例えば、カニカマです。カニカマは脂質が少なく、低カロリーなことで知られています。満腹感は得られえませんが、ちょっと飲みたいというときにおすすめです。

小袋のチーズを少しづつ食べて満腹感を得る

また、チーズ類もほとんどのコンビニで販売されています。チーズと聞くとカロリーが高いイメージがあるかもしれませんが、コンビニで販売されている小袋のチーズの場合、一袋あたり100キロカロリーにも満たないものが多いです。

その分、内容量は少ないですが、チーズは比較的味が濃いため、食べすぎには注意して少しずつ食べることで満足感が得られる可能性は高いです。

タウリンが多い食材でお酒の肝臓負担を軽減

タウリンは二日酔いに効果的な成分で、お酒の飲みすぎで弱った肝臓の修復を助けるだけでなく、肝硬変などの肝臓の病気を予防する効果も期待できます。そのため、二日酔いになった朝にはタウリンが含まれる食品を食べることで辛い二日酔いの症状が軽減する可能性があります。

しかし、もっとも効果的なのは二日酔いになる前に、つまりお酒を飲んでいるときからタウリンを含む食材を食べることです。

タウリンは魚介類に多く含まれている

タウリンはタコやイカ、ホタテなどの魚介類に多く含まれておりこれらはカロリーも低いため、お酒のおつまみとしても最適です。また、マグロにもタウリンは多く含まれていますが、マグロにムチンという肝臓に良い成分が含まれている山芋をかけて食べたりすることもおすすめです。

鶏肉ならから揚げよりも蒸したメニューを

から揚げはご飯もお酒も進むおかずの一つですが、ダイエット中にお酒を飲む際にはやはりこういった揚げ物はおすすめできません。

しかし、お肉料理はがっつり食べられて満足感も得られるため、無性に食べたくなるということもあるかもしれません。そんなとき、幸いにも鶏肉料理はさまざまなアレンジが利きます。

おすすめは蒸し物で、例えばせいろ蒸しにすることでお肉の余分な脂を落とすことができ、とてもヘルシーな一品に仕上がります。特にとり胸肉は低カロリーなのにたんぱく質が豊富に含まれているため、ダイエット中にぴったりの食品です。

蒸し鶏にするだけで、後はドレッシングを変えたり味を変えたりとバリエーションが多い献立にすることもできます。

野菜の摂取を意識してヘルシーなおつまみを心掛ける

野菜にはさまざまな栄養素が含まれていますし、食物繊維が豊富なものも多いです。さらに何より嬉しいことが、たくさん食べても低カロリーなため太りにくいということです。そんな野菜をたっぷりと使ったおつまみは食べても当然太りにくいため、ダイエット中の人にはかなりおすすめのおつまみです。

しかし、調理方法によってはカロリーが高くなってしまうこともあるため注意が必要です。よりカロリーカットを意識するのなら、やはり炒めるよりも蒸すということを意識すると良いです。

お肉や魚と一緒にたくさんの野菜を蒸すことでボリュームも生まれ満足感のある一品に仕上がります。おつまみを作る際は、野菜の摂取を意識してみることがおすすめです。

どうしてもから揚げを食べたいならレモンをかけよう

ヘルシーなおつまみが良いとはわかっているものの、どうしてもから揚げが食べたくて仕方ないとき、あまりに我慢することは体にとってよくありません。むしろ食べたいものを我慢することで思わぬ反動が来る可能性もあります。そんなときは我慢せずに食べてしまいましょう。

しかし、ただ単にから揚げを食べるのではなく、おすすめはレモンをかけて食べることです。レモンにはクエン酸と言われる酸っぱさの素となる成分が含まれているのですが、実はこのクエン酸には消化吸収を促進するという効果があります。

さらに、血中コレステロールを下げる効果もあり、お酒を飲む際に嬉しい肝臓の働きを促進させるという効果もあることで知られているのです。